*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和3年8月23日(月)第569号*****

◆◇◆◆◆─────────────
田村大臣「ブースター接種や交差接種は、色々な可能性を想定しながら検討していく」
─────────────◆◇◇◆◆

 新型コロナの感染拡大で、現在は変異株「インド型」の流行がその原因と考えられているが、この対策としてブースター接種(3回目の接種)や交差接種(異なる製薬会社のワクチンを接種すること)の実施が話題となっている。

7月30日田村大臣記者会見 この点について田村憲久厚生労働大臣は、8月20日の記者会見で=写真は7月30日の記者会見の様子。厚労省HPより=「ブースター接種や交差接種は、色々な可能性を想定しながら検討していく」等と、実施に対して慎重な考え方を示した。

 その理由として田村大臣は「3回目も、同じ(製薬会社の)ワクチンでなければダメなのかもしれない」「(2回目の接種以降に、さらに)2回打たなければならないのかも分からない」等と、現状では未知の部分が多く、あらゆる可能性があることを指摘した。

 この点に関する、当日の記者会見の概要は次の通り。

 ▽記者=新型コロナワクチンについて、3回目のブースター接種の必要性や、必要な場合の優先順位・費用・開始時期などについて、現段階でのお考えをお聞かせ頂きたい。なお開始時期について、アメリカは「2回接種完了後、8ヶ月」と目安を示している。

 日本も「8ヶ月」の基準になるのか?

 ▼田村大臣=(ブースター接種では)様々な議論が世界中であり、アメリカは(記者の)言われたとおり(2回接種完了後)8ヶ月で全国民に、というような報道が流れているが、一方でWHOでは「まだそこまで十分に検証されていないのではないか」との意見もある。

 我が国としては、基本的には世界でワクチン接種が先行している国が多くあるので、そういうところのデータ等を収集・分析をさせて頂きながら、専門家の皆様の評価を頂いて、3回目にブースターという形なのか、それとも2回接種が必要なのか……。

 そういうことを早急に検討して、結果を得てまいりたいと思う。いろいろな可能性がある中で今(政府が「新たにワクチンが確保できた」と発表するのは)ワクチン確保に向かっての協議であるとご理解を頂ければありがたい。

 【田村大臣「ブースター接種や交差接種は、色々な可能性を想定しながら検討していく」】

 それはどういうことかというと、例えば「交差接種」と言われているところもあるし、場合によってはそうでなくて(3回目の接種も)同じワクチンでなければダメなのかもしれない。

 さらに言うと、ブースターだけでなく(2回目の接種以降に、さらに)2回打たなければならないのかも分からないし、いろいろなことが想定される。どのワクチンをどのような形で、新たな変異ウイルスに対して対応していくかを、考えなければならない。

 そういう意味では、いろいろな可能性を想定しながら、ワクチンの供給というものをしっかりと検討・協議をしていかなければならないと思う。

◇─[後記]───────────

 これまでワクチン接種は、ファイザー社製とモデルナ社製で実施してきましたが、大阪市では今日(8月23日)から、集団接種にアストラゼネカ社製の使用を開始し、石川県も9月から、県の大規模接種センターでアストラゼネカ社製の使用開始を発表しました。

 「インド型」が猛威を振るっている現状や、新たな変異株が今後に登場する可能性を考えれば、やはり3回目以降のワクチン接種は「いずれ、実施される」と考えておいた方が良さそうです。

 高齢者向けのワクチン接種ではこれまで、全国各地で様々な「混乱」が報じられてきましたが、政府や自治体は「同じ轍(てつ)」を踏まぬよう、今から3回目の接種実施に向けた検討を始めてもらいたいと願います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネス版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2021 日本介護新聞