*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和3年7月6日(火)第538号*****

◆◇◆◆◆─────────────
東京都「インド型」の感染割合が過去最高の18・5%、リバウンドの中で少しずつ増加
─────────────◆◇◇◆◆

都内インド型割合18・5%過去最高 東京都内の新型コロナの感染者で、変異株「インド型」の割合が、7月5日16時45分時点で18・5%に達し、東京都が公表している変異株のスクリーニング検査では、過去最高の割合となった=表・東京都HPより。黄色のラインマーカーは、弊紙による加工

 都内では新規感染者数がリバウンド(再拡大)しており、その中でも「インド型」が占める割合が少しずつ増加する傾向を示している。これまでの変異株のスクリーニング検査で、陽性者数の最高は6月25日の68人だった。

 その後は、それを超えることはなかったものの「インド型」の割合は10%を下回ることはなかった。過去最高の陽性者数68人を記録した6月25日以降、7月5日までの「インド型」の割合は、次の通り。割合は各日の16時45分時点発表の数値を元に計算した。

 6月25日(金)=14・0%=陽性者68、検査数485
 6月28日(月)=10・9%=陽性者18、検査数165
 6月29日(火)=10・6%=陽性者43、検査数406
 6月30日(水)=17・1%=陽性者55、検査数322
 7月1日(木)=14・2%=陽性者47、検査数331
 7月2日(金)=11・6%=陽性者63、検査数544
 7月5日(月)=18・5%=陽性者38、検査数205

◇─[後記]───────────

 昨日まで、東京都内の新規感染者数は16日連続で、前週の同日の新規感染者数を上回っています。東京都の専門家会議は「過去の事例から、3週間程度のリバウンドがあった後に、新規感染者数が爆発的に増加している」と指摘しています。

 今週末には、リバウンドが始まってから3週間(21日)目を迎えます。その状況の中で「インド型」の割合がジワリと増加傾向にあることが気にかかります。全国の介護事業者は今から「爆発的な増加」に備える必要がありそうです。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネス版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2021 日本介護新聞