*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和3年6月16日(水)第526号*****

◆◇◆◆◆─────────────
1回目のワクチン接種後、グループホームでクラスター発生、入所者職員5名が感染
─────────────◆◇◇◆◆

 静岡市葵区にあるグループホームで、入所者・職員計33名へのワクチン接種(ファイザー社製)の第1回目が終了した1週間後、職員1名の新型コロナの感染が確認された。その後の検査等で、合計5名の感染が判明した。

静岡市クラスター この感染事例について、静岡市は6月15日に「クラスターが発生した」と発表した=画像・静岡市の発表資料より。市が発表した感染の経緯は、次の通り。

 ▽6月2日=入所者・職員計33名へ、第1回目のワクチン接種が終了

 ▼6月9日=職員1名の感染が判明

 ▼6月12日=入所者3名の感染が判明

 ▼6月15日=職員1名の感染が判明

 静岡市では現在、感染経路を調査しているが、最初に感染した職員が、6月6日に新型コロナの病状を発症したため、この職員から施設内に感染が広がった可能性が高いとみている。

 この施設では、6月23日頃に2回目のワクチン接種を予定しているが、新型コロナへの感染が判明した5名は「医師と相談の上、2回目を接種するかどうかを判断するが、現時点では予定通りに接種する見込みだ」という。

◇─[後記]───────────

 静岡市の担当者は、昨日の記者会見で「1回目の接種直後は、抗体が増えるのではなく、少し免疫力が下がるらしい。その間は感染リスクが高まる」と説明しましたが、テレビの情報番組に出演した感染症の専門家は、この見解を「否定」しています。

 この専門家は「ただ、1回目の接種後にすぐにウイルスの抗体が出来るわけではないので、接種した後も感染防止の対策は必要だ」と指摘しています。介護業界はこの静岡市の事例を教訓とし、接種後も気を緩めることなく感染対策を実施することが求められます。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2021 日本介護新聞