*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和3年4月26日(月)第492号*****

◆◇◆◆◆─────────────
東京都・変異株がついに「5割」超え、20~40代中心から50・70・80代が急増
─────────────◆◇◇◆◆

 東京都内の新型コロナの新規感染者で、変異株の割合が「5割」を超えた。東京都が4月23日に発表した、変異株のスクリーニング検査の結果で、4月19日から23日までの5日間で、検査数91に対し変異株の陽性は59と、変異株の割合は64・8%だった。

 また、4月23日単独の検査結果でも、検査数303に対し変異株の陽性は160で、変異株の割合は52・8%と、確実に「5割」を超える状況となった。東京都は、1週間ごとの検査結果を集計しているが、前週(4月12~18日)の変異株の割合は44・6%だった。

 ※弊紙・注=弊紙4月22日号で「4月12日から18日までの1週間で、変異株の割合は40・0%だった」と報じましたが、東京都は速報値を公表した後に後日、補正した数字を発表するため、本記事では補正した数字を元に再計算して「44・6%」に変更しました。

 【変異株に感染した年代は20~40代が中心だが、50代に加え70代・80代も急増】

東京都、変異株5割超え 変異株の感染者を年代別にみると、4月23日18時30分時点の160人の内訳では、これまでも変異株の感染者数が多かった20~40代に、新たに50代が加わり、さらに70代・80代も全体の割合の1割前後を占めるなど、徐々に変異株が高齢者層に波及している=表・東京都の発表資料より。黄色のラインマーカーは、弊紙による加工

 ▽10歳未満=1
 ▽10代=10
 ▼20代=43
 ▼30代=23
 ▼40代=21
 ▼50代=16
 ▽60代=5
 ▼70代=13
 ▼80代=18
 ▽90代=9
 ▽100歳以上=0
 ▽年代不明=1

◇─[後記]───────────

 この「5割」超えの発表があった先週金曜日(4月23日)は、政府が「緊急事態宣言」を東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に発令することを、正式に決定・発表した日でもあります。

 この対策として東京都は、同じく4月23日に「過去最大規模の新規感染者が生じた場合(通常時最大)及び過去に経験したことのない感染状況下(緊急時最大)でも十分な検査ができるよう、検査体制を整備する」と公表しました。

 特に高齢者施設等に対しては「各施設・集団に応じた適切な検査方法を選択し、定期的・集中的検査を実施する」。今後も、変異株の感染者数の急増が避けられない情勢では「徹底的な検査で、高齢者施設でのクラスター発生を阻止する」ことが最優先かもしれません。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2021 日本介護新聞