*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和3年4月19日(月)第487号*****

◆◇◆◆◆─────────────
高齢者へのワクチン接種の課題・会場までの交通手段、鎌倉市は「タクシー券4枚」配布
─────────────◆◇◇◆◆

 来月から全国で、本格的に始まる高齢者の新型コロナのワクチン接種で、公共施設等で集団接種を実施する場合に、高齢者は「会場までタクシーを利用しないと行けず、往復の運賃の出費を考えると、ワクチンの接種を考えてしまう」等の問題点が浮上している。

鎌倉市タクシー利用券 この問題を解決するため神奈川県鎌倉市は、優先接種の対象となる高齢者向けに、接種券を発送する際に「タクシー利用券」を同封する。枚数は4枚。第1回目と第2回目の計2回、接種会場までの往復運賃を市が負担する形になる=画像・鎌倉市HPより。黄色のラインマーカーは、弊紙による加工

 鎌倉市は「接種会場が遠い方や、バスなどの公共交通機関の利用が難しい方なども、安心してワクチンを接種することができるよう、タクシー利用券を配布することにした。4月23日を目途に発送する、クーポン券(接種券)と一緒にお送りする」と述べている。

 鎌倉市の、優先接種の対象となる高齢者は約5万4千人。タクシー利用券の表面に10桁のクーポン券(接種券)番号を記入し、接種日当日にタクシーを利用する際に、タクシー利用券とクーポン券(接種券)を乗務員に提示する。タクシー利用券は乗務員に渡す。

 【鎌倉市のワクチン接種は、特養入所者が最優先。その他の高齢者は、集団接種に】

 鎌倉市には、コロナワクチンがすでに4月12日の週に1箱(=975回分)届いており、次に4月26日の週にも1箱(=975回分)が届く。この2箱分は「要介護度や医療依存度が高く、重症化リスクの高い特養に入所されている方への接種に使用する」

 「その他の高齢者施設等入所者への接種体制は、市医師会等と調整中」「それ以外の高齢者は集団接種となり、5月中旬以降に開始する予定」等と述べている。鎌倉市では現在、集団接種会場として8ヶ所(小学校や公共施設等)を設定している。

◇─[後記]───────────

 当初、在宅の高齢者には訪問診療で接種をすれば良いのでは……と考えていましたが、ある医師から「仮に医師が高齢者の自宅でワクチンを接種した場合、その後の副反応の状況まで見届けなければならず、時間的な問題から現実的ではない」と指摘されました。

 そうなると、やはり鎌倉市が実施する「タクシー利用券」が、最も現実的な手段になると思います。他の市区町村でもぜひ、この制度を参考にワクチン接種のための、高齢者の「足」を確保してもらいたいと思います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2021 日本介護新聞