*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年9月8日(火)第339号*****

◆◇◆◆◆─────────────
台風10号・高齢者施設被害「8日午後12時半時点で停電48ヶ所・断水10ヶ所」
─────────────◆◇◇◆◆

台風10号9月8日被害状況 九州地方を中心に、現在でも大きな被害をもたらしている台風10号で、厚生労働省の発表によると、高齢者関係施設では8日・午後12時半時点で停電48ヶ所、断水10ヶ所の被害が報告されている=画像・厚労省HPより。黄色のラインマーカーは弊紙による加工。

 停電48ヶ所の内訳は、長崎県17・宮崎県5・鹿児島県26となっている。また断水10ヶ所の内訳は、長崎県8・鹿児島県2で、いずれも人的被害はない。厚労省は「引き続き情報収集に努める」としている。

 高齢者関係施設の被害では、昨日の7日・午前11時半時点では「被害報告なし」だった。その後の約24時間で、新たな被害が発生して報告されたものとみられる。一方、医療施設の被害では8日・午前10時半時点で、鹿児島県で2施設が停電している。

 医療施設では7日・午前9時半時点で、23施設の停電が報告されていた。23施設の県別の内訳は、鹿児島9・長崎12・佐賀1・山口1だったが、鹿児島県の2施設を除いては、約24時間で全て解消した。また現在も停電中の2施設は、自家発電で対応している。

◇─[後記]───────────

 昨日付けの弊紙で「7日午前11時半時点」の状況をお伝えして「高齢者施設では『被害報告なし』のため、とりあえず『ひと安心』と言えます」と書きましたが、やはり被害は発生しました。

 また医療施設の、停電被害からの復旧状況は迅速です。しかも、停電中も全て自家発電で対応したようです。現在停電中の高齢者施設が、自家発電で対応できているのか否かは不明ですが、やはり今後、高齢者施設にも同様の「備え」が必要だと思われます。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞