*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年8月28日(金)第332号*****

◆◇◆◆◆─────────────
「新型コロナ・インフルの同時検査を、高齢者施設職員には一斉に、定期的に行う」
─────────────◆◇◇◆◆

 8月28日に、首相官邸で記者会見した安倍晋三首相は「辞意」を表明したが、その前に新型コロナウイルス・インフルエンザ対策として、高齢者への集団感染を防止するため「高齢者施設の職員の皆さんに対して、定期的に一斉検査を行うようにする」等と述べた。

安倍首相 首相会見=画像・首相官邸HPより=の中で、高齢者施設等に関連した発言は、次の通り。

 ▽夏から秋、冬の到来を見据えた、今後のコロナ対策を本日、決定した。この半年で、多くのことがわかってきた。「3密」を徹底的に回避するといった予防策により、社会・経済活動との両立は、十分に可能だ。

 ▽レムデシビル等、症状に応じた治療も進歩し、40代以下の若い世代の致死率は0・1%を下回る。他方、お亡くなりになった方々の半分以上は、80代以上の世代だ。重症化リスクが高いのは、高齢者や基礎疾患のある方々だ。

 ▽一人でも多くの命を守るためには、こうした皆さんへの対策が最大のカギとなる。冬に向けてはコロナに加え、インフルエンザ等の流行で発熱患者の増加が予想される。医療の負担軽減のため、重症化リスクの高い方々に重点を置いた対策が必要だ。

 ▽今から、施策を転換する必要がある。まずは検査能力を抜本的に拡充する。これから冬までに、インフルエンザとの同時検査が可能となるよう、一日20万件の検査体制を確保する。

 ▼特に、重症化リスクの高い方々がおられる高齢者施設や病院では、地域の感染状況等を考慮し、職員の皆さんに対して定期的に一斉検査を行うようにし、高齢者や基礎疾患のある方々への集団感染を防止する。医療支援も、高齢者の方々等に重点化する方針だ。

◇─[後記]───────────

 この安倍首相の発言は「辞意会見」の前に開催された、新型コロナウイルス感染症対策本部で議論された事項でした。新型コロナ・インフルエンザ対策は、首相が交代しても継続されますが、もうすぐインフルエンザの予防接種が始まります。

 次の首相にはぜひ、この「同時検査」をインフルの流行までに間に合うよう、緊急の課題として取り組んでもらいたいと思います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞