*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年8月21日(金)第327号*****

◆◇◆◆◆─────────────
認知症専門医・新型コロナの影響で4割が「受診者の症状の悪化」を認める
─────────────◆◇◇◆◆

 認知症ケアの専門医で構成する日本認知症学会はこのほど、会員を対象に「新型コロナウイルス感染症蔓延による、認知症の診療等への影響に関するアンケート」を行い、この結果4割の専門医が「症状の悪化」をみとめた。

認知症学会アンケート冒頭 同学会が、8月14日に結果を公表した=画像・日本認知症学会HPより。アンケートは今年5月25日から約2週間の期限で実施された。これは4月7~16日に緊急事態宣言が発令されて新規感染者が減少し、5月14~25日に緊急事態宣言が解除された後の期間に該当する。

 つまり、急激な感染拡大に対する「緊急の対策」がやや落ち着きをみせ始めた時期になり、同学会では「この頃に受診控えや、介護サービスの縮小や中止・利用控えといった課題が明らかになってきた期間」とみている。

 アンケートは全国1586名の専門医に呼びかけ、専門医数の多い大都市圏に偏ることなく、46都道府県から357件の回答を得た。回答率は22・5%。同学会では「このアンケート期間も、認知症ケアの専門医は困難やリスクの中で工夫を重ねた」

 「また介護サービスを中止することなく、認知症の人と家族の支援を継続していた施設も多数あった」と評価している。アンケート中の「認知症の人の症状悪化について」は、次のような結果が出た。

 ▼「多くみとめる」=8%
 ▼「少数みとめる」=32%
 ▽「みとめない」=23%

 回答した専門医の40%が、何らかの「症状悪化」をみとめた。また「悪化した症状」については、「多くみとめる」「少数みとめる」の合計が多い順に、次のようになった。

 ◆認知機能の悪化=47%
 ◆BPSD(認知症の行動・心理症状)の悪化=46%
 ◆合併症の悪化=34%

 さらにアンケートでは、認知症の人の受診頻度について「著しく減少している」が22%、「やや減少している」が60%、「変わらない」が7%と、全体の82%で受診機会の減少がみとめられた。

 同様に、介護サービス利用全般については「著しく減少している」が16%、「やや減少している」が48%、「変わらない」が7%と、受診頻度と同様に、全体の64%で介護サービス利用の減少がみとめられた。

 介護サービスの種別では、訪問系サービスの「減少あり」が50%、通所系サービスの「減少あり」は69%だった。同学会では「各種サービスの利用低下と、認知症の人の症状が悪化したことの関係について、このアンケートから結論付けることはできない」

 「しかし、新型コロナウイルス感染症の拡がりで、様々な制約が生じ始めて約2ヶ月間しか経過していなかったにもかかわらず『症状の悪化』をみとめた専門医がかなりの数にのぼった」と分析している。

 「症状の悪化」に対する、専門医の具体的なコメントは次の通り。文頭の「◆」印は、介護サービスと関連があると思われる項目。

 ◇「うつ症状を呈する方が増加した」

 ◆「(施設にて)家族面会が中止となり、不安定になった」

 ◆「(デイなどでの活動がなくなり)在宅生活で中核症状が進行した」

 ◇「(外出制限により)活動量やADL が低下した」

 ◆「やはり外出制限や家族と会えない(面会制限)により、不隠となることが多い。さらに社会活動も制限され認知障害が悪化している印象がある」

 ◆「感染リスクへの恐れからデイサービスの利用を控えたり、一時的に住まいを変えたりした方の場合、認知症の人の意欲・発動性の低下、混乱、筋力低下などの問題がみられる」

◇─[後記]───────────

 昨日の弊紙で「医療と介護の連携」において「お互いの欲する情報に差異がある」との、医療側からの指摘を報じましたが、これにより最も影響を受けるのは、言うまでもなく「医療と介護の両方のサービス利用者」です。

 「医療と介護」の両方で「利用控え」をすれば、その影響は「倍」になって利用者に返ってきます。今回の記事のような情報もぜひ、医療と介護で共有してもらい、それがスムーズに行われるような制度を市区町村には構築してもらいたいと思います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞