*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年8月6日(木)第317号*****

◆◇◆◆◆─────────────
加藤厚労大臣「介護施設等は、積極的にPCR検査を行って頂きたい」
─────────────◆◇◇◆◆

 新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大傾向にある中「PCR検査の拡大」が大きな論点として浮上しているが、介護施設等に対するPCR検査の在り方について「介護施設等でクラスターが生じやすい状況にある場合には、積極的に検査を行って頂きたい」と述べた。

 8月4日に、厚労省で行われた記者会見で加藤勝信厚生労働大臣が、記者からPCR検査の在り方の認識を問われ、質問に答えるなかで指摘した。会見では、同様に記者から「PCRが必要な方は、全て受けられているとお考えか?」と問われた。

加藤大臣7月31日会見 これに対し加藤大臣は「それぞれの自治体の現状を聞かせて頂きながら、我々としてできるサポートをしっかりさせて頂きたいと思う」などと回答した。これらの内容に関係する、記者会見での質疑応答は、次の通り=画像は7月31日の記者会見の様子

 ◇記者=PCR検査について。東京都世田谷区が進めている「誰でも・いつでも・何度でも」PCR検査を、という考え方についてどうお考えか。

 ◆大臣=世田谷区では、7月27日に有識者会議を開催して、世田谷区医師会と連携した検査体制の拡大など、世田谷区独自の取組について検討が進められていると承知している。厚労省も、PCR検査の在り方はこれまでも申し上げてきた。

 ◆医師が必要と判断した場合、あるいは濃厚接触者の方、特定の地域の接待を伴う飲食店などで、感染者が大きく発生している場合や、あるいは介護施設等でクラスターが生じやすい状況にある場合には、積極的に検査を行って頂きたいということを明確にしている。

 ◆お尋ねの「誰でも・いつでも・何度でも」という世田谷区の話しについて、私どもが世田谷区に具体的な検討内容を確認させて頂いたところ「現在、詳細は検討している」ということだった。

 ◆つまり、具体的な内容は必ずしも明らかではないので、それに対して申し上げることは差し控えたいと思う。大事なことは、PCR検査がしっかり行われていることに加えて、検査を受けた後に陽性者の方を、入院や宿泊療養など適切な療養につなげていくことだ。

 ◆これら全体の体制の確保に、しっかり取り組んでいかなければならない。世田谷区を始め、各地区でいろいろな努力・取組をされている。東京都練馬区や医師会では、唾液検査を使って、各医院がそれぞれ実施されるような体制も作って頂いている。

 ◆まさにそうした、全体として体制を整備する取組に対しては、私たち国としてできる支援はしっかり行っていきたいと思う。そうした取組を、より一層前に進めて頂けるように、我々としても対応していく。

 ◆加えて検査体制の強化を図るために自治体に、相談から検体採取・検査分析まで一連の検査プロセスを点検し、必要な対策を講じて頂くよう要請をしている。今、報告を頂いているので、まとまり次第内容についても公表させて頂きたいと思う。

 ◇記者=PCR検査について。感染者数が全国的に増加している中、症状があってもPCR検査を受けられない人が出てきていることについて(加藤大臣は)「必要な人は全員が受けられる」としている。

 ◇しかし、感染者が増えている現在においても「PCRが必要な方は全て受けられている」とお考えか。

 ◆大臣=いくつか、そういう報道があることは承知している。そういった自治体とは、またよくそれぞれ現状を聞かせて頂きながら、我々としてできるサポートをしっかりさせて頂きたいと思う。

 ◆ただ、先ほど申し上げたように、基本は「必要な方には、しっかりPCR検査が行われる」あるいは「必要な場合には、しっかり行われるようにしていく」ことが大事だと考えている。

 ◆これまでも抗原検査簡易キット、それから抗原定量検査の導入、さらには唾液による検査等を導入させて頂いた。それから地域によってはPCRセンターの設置を行っていく、あるいは民間の施設の活用を進めることが重要だ。

 ◆また、医療機関が行政検査を行う場合には、都道府県と契約をしなければならない。その契約が「なかなか上手くいっていない」という話もある。医療機関側から「感染防止をしている」ということであれば、その申し出をもって行政検査の実施を認めることとしたい。

 ◆さらには、唾液など新しい検査手法が増える毎には「新しい契約は不要」という整理をさせて頂き、それぞれの現場・現場でより検査がしやすい環境を作っていきたいと思っている。

◇─[後記]───────────

 PCR検査体制には、自治体ごとに大きな差があるようですがここ数日、全国の特養や老健で、クラスターが発生していると思われる報道が続いています。そのクラスターをこれ以上、介護施設等で発生させないためには、PCR検査の実施は必須です。

 この現状を踏まえれば、加藤大臣には「積極的に検査を行って頂きたい」ではなく、「介護施設等には最優先でPCR検査を実施する」と、明言してもらいたいと思います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞