*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年7月30日(木)第313号*****

◆◇◆◆◆─────────────
厚労省、介護ロボットの相談・開発・実証の「プラットフォーム」を8月3日から始動
─────────────◆◇◇◆◆

 厚生労働省は7月29日、介護ロボットに関する相談窓口・開発促進・実証試験に総合的に取り組む「プラットフォームを、8月3日から開始する」と発表した。この「プラットフォーム」は厚労省の委託事業で、今年度はNTTデータ経営研究所が受託した。

介護ロボットプラットフォーム概念図 この「プラットフォーム」は「介護ロボットを使って業務を効率化したい」という全国の介護施設や、「自社で開発した介護ロボットの効果を検証したい」という開発事業者を対象とし、各々の相談窓口となり、両者を有機的に結び付ける役割を果たす。

 具体的に「プラットフォーム」は、次の3つの機能を持つ=概念図・厚労省HPより

 【相談窓口=開始時点で全国11ヶ所】

 全国各地で、介護ロボットに関する介護現場(ニーズ)と開発企業(シーズ)の双方からの相談を受け付ける、一元的な窓口となる。介護現場側では、各種相談への対応、介護ロボットの体験展示・試用貸出、研修会の開催等を行う。

 また開発企業側では、介護ロボットの研究開発の補助金やPRイベントの紹介等を行う。製品評価や効果検証に関する要望を「リビングラボ」のネットワークへ取り次ぐ。開始時点での11ヶ所は、次の通り。

 1=北海道社会福祉協議会・北海道介護ロボット普及推進センター
 2=青森県社会福祉協議会・青森県介護啓発福祉機器普及センター
 3=いきいき岩手支援財団・岩手県高齢者総合支援センター
 4=埼玉県社会福祉協議会・介護すまいる館
 5=横浜市リハビリテーション事業団・横浜市総合リハビリテーションセンター
 6=富山県社会福祉協議会・福祉カレッジ
 7=国立長寿医療研究センター・健康長寿支援ロボットセンター(愛知県大府市)
 8=ひょうごKOBE介護・医療ロボット開発支援窓口
 9=健祥会 徳島県介護実習・普及センター
 10=日本福祉用具供給協会・広島県ブロック
 11=九州介護ロボット開発・実証・普及促進センター

 【リビングラボ(開発促進)=開始時点で全国6ヶ所】

 リビングラボは、実際の生活空間を再現し、新しい技術やサービスの開発を行う等、介護現場のニーズを踏まえた介護ロボットの開発を促進するための機関で、各々の開発企業のネットワークを構築し、各社の強みを生かした支援を行う。

 具体的には、介護ロボットの製品評価・効果検証、介護現場での実証支援等に取り組む。その他、介護サービスの質の向上や効率的なサービス提供に向けた、介護現場での大規模実証試験等を支援する。開始時点での6ヶ所は、次の通り。

 1=善光会・サンタフェ総合研究所(東京都大田区)
 2=SOMPOケアFuture Care Lab in Japan(東京都品川区)
 3=産業技術総合研究所・柏リビングラボ(千葉県柏市)
 4=藤田医科大学ロボティックスマートホーム・活動支援機器研究実証センター(愛知県豊明市)
 5=国立長寿医療研究センター・健康長寿支援ロボットセンター(愛知県大府市)
 6=九州工業大学・スマートライフケア共創工房(福岡県北九州市)
 
 【実証フィールド=今後、始動予定】

 介護現場での実証試験等に協力可能な施設に対し、最先端ロボットの試用と導入検討の機会を提供する。

◇─[後記]───────────

 介護ロボットの導入は、弊紙がこれまで取材した感覚では、介護ロボットの効果に確証を得て、先行投資をして「積極的に導入」する事業者と、その効果を理解しながらも確証を得るまでに至らず「結果的に未導入」の事業者の、大きく二つに分かれると思います。

 また介護ロボットの開発事業者も、実際に実証試験を行う場合は、全国的にもわずか数社に依頼が集中しているのが現状です。これらの事業者の課題解決に「プラットフォーム」が大きく貢献し、介護業界全体のイメージ向上に寄与することを、弊紙では期待します。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞