*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年7月9日(木)第300号*****

◆◇◆◆◆─────────────
介護施設への豪雨被害、5県17市町村で78施設が被災中
─────────────◆◇◇◆◆

 先週金曜(7月3日)から、九州地方を中心に続いている豪雨被害が、被災地の介護施設に拡大している。厚生労働省の発表=表=によると、7月9日午前11時時点で、九州4県(福岡・長崎・熊本・大分)と岐阜の計5県17市町村で、計78施設が被災している。

7月9日午前11時被災状況 78施設の被災状況は、浸水等=72、停電=10、断水=11。この17市町村では、浸水等の被害は依然として続いているが、停電は最大で20施設、同様に断水も最大で14施設あったが、関係者の懸命な作業により、停電で10施設・断水で3施設が復旧した。

 7月9日午前11時時点の、被災した17市町村のそれぞれの施設数と、被害状況は次の通り。なお長野県では1市(長野市)で、停電が最大で2施設あったが、現在は復旧済み。

 ■福岡県=5市・40施設(浸水等38・停電3・断水1)
 ▽大牟田市=25施設(浸水等24・停電2・断水1)
 ▽八女市=3施設(浸水等2・停電1・断水0)
 ▽みやま市=9施設(浸水等9・停電0・断水0)
 ▽朝倉市=1施設(浸水等1・停電0・断水0)
 ▽久留米市=2施設(浸水等2・停電0・断水0)

 ■長崎県=1市・4施設(浸水等4・停電0・断水0)
 ▽大村市=4施設(浸水等4・停電0・断水0)

 ■熊本県=8市町村・30施設(浸水等28・停電5・断水9)
 ▽八代市=7施設(浸水等6・停電3・断水0)
 ▽人吉市=7施設(浸水等7・停電0・断水2)
 ▽芦北町=7施設(浸水等6・停電0・断水4)
 ▽錦町=2施設(浸水等2・停電0・断水0)
 ▽相良村=2施設(浸水等2・停電0・断水1)
 ▽球磨村=3施設(浸水等3・停電2・断水2)
 ▽荒尾市=1施設(浸水等1・停電0・断水0)
 ▽南関町=1施設(浸水等1・停電0・断水0)

 ■大分県=2市町・3施設(浸水等1・停電2・断水1)
 ▽日田市=1施設(浸水等1・停電0・断水0)
 ▽九重町=2施設(浸水等0・停電2・断水1)

 ■岐阜県=1市・1施設(浸水等1・停電0・断水0)
 ▽下呂市=1施設(浸水等1・停電0・断水0)

◇─[後記]───────────

 この中で、熊本県の被害状況が気になります。一昨日(7月7日)午後1時時点で被災した介護施設は「30施設」で、それからほぼ1日が経過した昨日(7月8日)正午時点でも、被災した施設数は「30施設」。さらに本日(7月9日)も同様に「30施設」です。

 この中のいくつかは復旧し、また新たに被災が判明する施設もあるなど「30施設」は全て同じではありませんが、それでも全体として「一度被災すると、復旧するのが難しい」ことが読み取れると思います。

 豪雨は今後、東日本へ「移動」することが予測されています。大雨が予想される地域の介護事業者の皆さんには「まず、被災しないこと」の準備に注力して頂きたいと思います。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞