*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年6月1日(月)第274号*****

◆◇◆◆◆─────────────
厚労省「訪問サービスを受ける人」の、感染対策動画を公開
─────────────◆◇◇◆◆

 厚生労働省は5月29日、感染対策のための動画「訪問サービスを受ける方のためのそうだったのか! 感染対策」を公開し、広報用リーフレット=画像=も作成して都道府県等へ周知を依頼した。サブタイトルは「あなたがウイルスを受け取らない、渡さないために」。

そうだったのか!感染対策リーフレット 厚労省は先般、同様の3本シリーズの動画「訪問介護職員のためのそうだったのか! 感染対策」を公開しているが、今回は訪問サービスを利用する本人とその家族向けに、新型コロナウイルスの感染対策で留意すべき点を9分45秒でまとめた。

 動画は、訪問介護サービスを利用している女性(認知症があり要介護5)と、家族として女性の介助も行う孫(男性)が、訪問サービスを受ける前から受けた後まで「ウイルスを受け取らない・渡さない」の観点から、以下の項目についての注意点を解説している。

 1、ウイルスはどこにいるの?
 2、こんなときどうする?
 2-1、いつ手を洗うの
 2-2、サービスを受けるまえ
 2-3、サービスを受けるとき
 2-4、訪問してもらうのが怖いと思ったとき

 動画の広報用リーフレットには「訪問系の介護サービスを受ける方やご家族などの、安心感につながることを期待して、サービスを受けるときのポイントなどを動画にしました」などと述べている。

 動画は、次のアドレスから閲覧できる。

 ◆サービス利用者向け=「訪問サービスを受ける方のためのそうだったのか! 感染対策」
 https://www.youtube.com/watch?v=z14ufxBL6_4

 ◇サービス事業者向け=「訪問介護職員のためのそうだったのか! 感染対策」
 https://www.youtube.com/playlist?list=PLMG33RKISnWj_HIGPFEBEiyWloHZGHxCc

◇─[後記]───────────

 厚労省は少し前、高齢者に対して直接、新型コロナウイルスの感染防止策を取ることを促す動画「高齢者の皆様へ」を公開しています。これは加藤厚労大臣が高齢者に語りかける形で作成していますが、正直なところ「見たい」と思う意欲は湧きませんでした。

 しかし今回の動画「訪問サービスを受ける方のための……」は、訪問介護サービスを受ける際の手順に沿って、専門家の監修により作られていることと、利用者の目線に立って注意点を指摘しているため、非常に勉強になると感じました。

 「コロナ後」の介護サービスの課題は、まず最初に取り組むべきは「利用控えをした利用者に、サービスを再開してもらうこと」だと思います。そのためにも、この動画は大変有益なツールになると思われます。

 願わくば、通所系サービスの利用者に向けても、同様の動画を作成してもらいたいものです。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞