*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年4月14日(火)第242号*****

◆◇◆◆◆─────────────
新型コロナ、群馬・住宅型有老で45人が集団感染、2人死亡
─────────────◆◇◇◆◆

 群馬県は4月13日時点で、伊勢崎市内にある住宅型有料老人ホーム「藤和の苑(とうわのその)」=写真・運営会社のHPより=の入居者と職員、併設のデイサービス利用者の計43人が、新型コロナウイルスに感染したことを公表している。

藤和の苑 また地元マスコミによれば、4月14日に「藤和の苑」でさらに職員2人の感染が判明し、すでに感染していた2人(いずれも80代男性)が死亡したことを群馬県が発表した、と報じている。

 感染者45人の内訳は、入居者(50代~90代)が31人、職員(20代~60代)が13人、施設に併設したデイサービス利用者(80代女性)が1人。「藤和の苑」の運営会社によれば、同施設の居室数は50室なので、仮に満室だった場合、入居者の62%が感染者となる。

 同施設で最初に感染した80代男性の入居者は、4月5日に38度台の発熱があった。4月8日に酸素飽和度が低下して医療機関に搬送され、検査を受けた結果4月9日に新型コロナウイルス陽性と判明した。

 群馬県の調査によると、この男性入居者は県外に外出しておらず、公共機関も利用していないという。このため感染原因は「現在調査中」としている。

◇─[後記]───────────

 昨日の弊紙で、「広島の通所介護で20人が集団感染した」と報じました。この事例では、4月9日に最初の感染者が確認されてから、3日後の12日までに一気に20人にまで感染拡大しました。

 今回の群馬の住宅型有老の感染事例では、同様に最初の感染者が確認されてから、5日後の今日まで、広島の事例の倍以上となる45人が感染し、このうち2人がお亡くなりになっています。

 あらためて、このウイルスの感染拡大の速さに驚愕します。今回の集団感染が起きた伊勢崎市では、群馬県に対して情報開示と、発熱外来を早急に設置することを要望しているそうです。一刻も早く、支援が実施されることを祈念いたします。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞