*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年3月24日(火)第227号*****

◆◇◆◆◆─────────────
ミャンマー、技能実習生を含む労働者の日本への送り出しを一時停止
─────────────◆◇◇◆◆

 新型コロナウイルスの流行を受け、ミャンマー政府は3月20日、日本の外国人技能実習機構に対し「技能実習生を含むミャンマー人労働者の、日本への送り出しを一時停止する」と連絡した。3月23日に、外国人技能実習機構が公表した。

 また「現在日本にいる、技能実習生を帰国させる意図はない」と付け加えている。ミャンマー政府が、同機構に宛てた書簡(仮訳)=画像・外国人技能実習機構HPより=の概要は、次の通り。

ミャンマー政府書簡和訳 「すでにご存じのように、新型コロナウイルスは世界中に広がっており、WHOは2020年3月11日に、新型コロナウイルスのパンデミックを表明しました。ミャンマー政府は現在、その予防に一丸となって取り組んでおります」

 「大統領府は人々が集まるイベント等、国民が参加するあらゆる催事や活動を、2020年3月13日から4月30日まで行わないとの声明を発表しました。さらに海外へのミャンマー人労働者の送り出し手続きを、3月18日から一時的に停止いたします」

 「何らかの変更があれば、できるだけ早くお知らせします」。

◇─[後記]───────────

 一般マスコミの報道によれば、ミャンマー保健当局は3月23日に、同国で初の新型コロナウイルス感染者事例となる、海外から帰国した男性2名の確認を発表したそうです。上記の書簡の発信日は3月20日なので、今回の通告は感染事例を確認する以前になります。

 介護技能実習生に限れば、国別の入国者数では中国とベトナムで大半を占めていると思われます。今後、日本の感染拡大状況に鑑みて中国とベトナムがミャンマーと同様の対処策を取れば、外国人材の活用を見込んでいた介護現場は、混乱が避けられなくなるでしょう。

 特に施設系サービスの事業者の中には、技能実習生を人員配置基準に換算することを見込んで、計画的な採用を予定していた事業者も存在します。新型コロナウイルスの影響は、介護人材の確保にも影響を与えそうです。

────────────────

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞