*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/
*****令和2年2月12日(水)第199号*****

◆◇◆◆◆─────────────
有識者団体「東京五輪を控え、新型肺炎以外の感染症にも目を向けるべき」
─────────────◆◇◇◆◆

 感染症・災害医療・公衆衛生をはじめ、医学・歯学・薬学・看護学等の各分野の、第一線で活躍する専門有識者が数多く名を連ねている「STOP感染症2020戦略会議」(座長=賀来満夫・東北医科薬科大学特任教授)は2月10日、都内で記者会見し「提言」を発表した。

7つの約束 新型コロナウイルスの感染症対策にかかる緊急提言として「新型肺炎対策『STOP感染症・7つの約束』」=画像・記者会見発表資料より=を発表した。この中の「新型肺炎以外の感染症にも目を向ける」では夏のインフルエンザや、デング熱などの「蚊媒介感染症」などにも注意を促している。

 具体的には、東京オリンピック・パラリンピックの開催で、史上空前のマスギャザリング (=一定期間、限定された地域で、同一目的で集合した多人数の集団)が想定されている。この期間に地震・台風・洪水などの自然災害が重なるようなケースを懸念している。

 現実にこれらの事態が起きた際は「感染症の拡大リスクはさらに高まる。新型コロナウイルスへの関心をきっかけにしてリスクの高い、あらゆる感染症についても、正しい知識をしっかりと身につけることが重要だ」等と指摘している。

 その対策として、正しい手洗い・咳エチケット等に加え、手洗い場所が近くにない場合の「ウェットテイッシュの携帯や環境消毒の重要性」「口腔ケアの重要性」「感染症備蓄という考え方」等、最新の知見に基づく感染症予防に向けた「新生活習慣」を提案している。

 同戦略会議は、国土強靱化の観点から政府等に政策提案を行うことを目的として、昨年12月に発足した。海外から多くの人が訪れ、国際的マスギャザリングとなる東京オリンピック・パラリンピックイヤーを「感染症対策の重要年度」として位置づけている。

 会見では「すでに多様な情報が、さまざまなルートで飛び交っている。こうした中で当戦略会議としては、専門家による正しい情報を、わかりやすいメッセージの形に整理し、国民に向けて広く発信することが何より重要だと考え、とりまとめを行った」と述べている。

 同戦略会議の緊急提言・新型肺炎対策「STOP感染症・7つの約束」は、次の通り。

 1=正しく恐れる。
 2=ウイルスや菌の顔と性格を知る。
 3=「STOP感染『新生活習慣』」をつくる。
 4=最新の対策技術にも目を向け情報収集する。
 5=喉元過ぎても熱さを忘れない。
 6=新型肺炎以外の感染症にも目を向ける。
 7=防災用品だけでなく、感染症対策用品も備蓄を!

◇─[後記]───────────

 同戦略会議の賀来満夫座長(東北医科薬科大学特任教授)は現在、テレビのニュース番組で、新型コロナウイルスの感染対策等でコメントを述べています。この賀来座長を筆頭とした各分野の専門家の皆さんの目は、すでに「夏の東京五輪」に向けられています。

 また同戦略会議は「アメリカでは、この冬のインフルエンザの感染者数が2200万人を超え、死者は1万2千人を突破する等、新型コロナウイルスの報道にかき消されて、あまり注目されてはいない」

 「日本では昨年3325人がインフルエンザで亡くなっており、これが感染症の主流であることに今も変わりはない」と警鐘を鳴らしています。その意図は、提言の3番目=「STOP感染『新生活習慣』」をつくる=にあると思われます。

─────────────────

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆Twitter=https://twitter.com/Nippon_Kaigo
 ◆Facebook=https://www.facebook.com/nipponkaigo/

(C)2020 日本介護新聞