*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/_/
*****令和元年8月24日(土)第86号*****

◆◇◆◆◆─────────────
最優秀賞に「真にシニアに必要なマシン」
─────────────◆◇◇◆◆

 インフォコムとSOMPOホールディングスは8月23日、共催で「新しいシニアライフ」の実現に向けた、革新的な事業に取り組むスタートアップを対象としたビジネスコンテスト『シニアライフ・イノベーション・チャレンジ 2019』を開催した。

 審査の結果「最優秀賞」を、トライリングスの「真にシニアに必要なトレーニングマシン『D.R.E」が受賞した。同マシンは心拍数が必要以上に上がらず、ダイナミックに背骨・肩甲骨・肩を動かせる「上肢用」=写真=と股関節の動きを改善する「下肢用」がある。

インフォコム最優秀賞 「まだ開発中」としながらも、すでに全国数ヶ所で導入されており、同社の田沢優氏は「今後は製品の完成度を高めていきたい」と述べている。同社は、今年秋に米国で開催される、「エイジング」をテーマとするイノベーション・イベントに招待される。

 また、実質的に準優秀賞とも言える「SOMPO賞」はハコスコの「VR旅行のレクリエーション」が受賞した。さらに、来場者の投票により、最多得票で決まる「オーディエンス賞」には、エーテンラボの、健康サポートアプリ「みんチャレ」が輝いた。

◇─[後記]───────────

 将来的に市場拡大が予想される介護業界には、様々な事業者が参入しています。その中でも、主にITを活用したベンチャー企業を応援しよう、というのが今回のコンテストの趣旨です。

 両社が共催で同コンテストを実施するのは3回目ですが、実は1回目・2回目の受賞者は、この受賞を機に着実にステップアップし、事業領域を拡大したり、製品の性能をレベルアップさせたりしています。

 このように介護業界には、次々と新規参入者が相次いでいます。弊紙も、これらの動きを逐次お伝えしつつ、これらの事業者の「その後」についても、可能な限り報じていきたいと思います。

────────────────

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆公式ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆ビジネス電子版=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo/blog

(C)2019 日本介護新聞