*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/_/
*****令和元年8月20日(火)第83号*****

◆◇◆◆◆─────────────
介護職経験者の離職理由第1位は「人間関係」
─────────────◆◇◇◆◆

 介護労働安定センターが8月9日に発表した平成30年度の「介護労働実態調査」によると、介護職員に「前職を辞めた理由」を尋ねたところ、「前職も介護職」だった者が挙げた理由の第1位は「職場の人間関係に問題があったため」で22・7%だった=グラフ

離職理由 同センターの「介護労働実態調査」は、2種類の調査=「事業所における介護労働実態調査」と「介護労働者の就業実態と就業意識調査」=が実施されているが、「前職の離職理由」は「介護労働者調査」から判明した。

 同項目は、現在介護事業所で勤務している介護職員を、「前職も介護職」と「前職は介護以外」の二つのグループに分け、複数回答で「前職の離職理由」を尋ね、その回答結果の違いを明らかにしたもの。

 「前職も介護職」では、離職理由は割合が高かった順に次のような結果となった。

 ■第1位=22・7%「職場の人間関係に問題があった」
 □第2位=20・3%「結婚・出産・育児のため」
 □第3位=17・6%「他によい仕事・職場があったため」
 □第4位=16・5%「法人等の理念や運営のあり方に不満があった」
 ■第5位=16・4%「収入が少なかったため」

 同様に「前職は介護以外」では、次のようになった。

 □第1位=26・4%「結婚・出産・育児のため」
 □第2位=18・1%「自分の将来の見込みが立たなかったため」
 ■第3位=14・6%「職場の人間関係に問題があった」
 ■第4位=13・4%「収入が少なかったため」
 □第5位=11・5%「他によい仕事・職場があったため」

 この結果について同センターでは「『職場の人間関係に問題があったため』では、『前職も介護』の方が『前職は介護以外』よりも8・1ポイント高く、(人間関係が)仕事上で避けて通ることができないため、重視していることが分かる」

 「『結婚・出産・妊娠・育児のため』では、『前職も介護』の方が、『前職は介護以外』よりも6・1ポイント下回ったが、人材の採用・定着のためにも職場環境の改善は今後も求めら れる内容である」と分析している。

◇─[後記]───────────

 昨日の弊紙でも、この「介護労働実態調査」から「介護職員の給与」について取り上げましたが、「調査」に登場してくる各種のデータは、介護報酬改定の議論の際に、厚労省が改定案を提示する時の「根拠」として示されることになります。

 このため弊紙では「調査」の重要ポイントについてはテーマごとに報じたいと思います。今回の「前職の離職理由」は、厚労省がいつも「介護職員の離職理由は必ずしも『給与』がトップではなく、『人間関係』の方が割合が高い」と主張する「根拠」になっています。

 事実、今回の「調査」もその通りの結果となりました。しかし、よく考えてみるとこの「調査」はあくまで「介護事業所に勤務する現役職員」が対象となっています。その中で「前職も介護」の方に「前職(=同様に介護職)の離職理由」を尋ねています。

 つまりこの設問に回答した方は「前職も現在も介護職で、介護業界から離れていない」方になります。おそらく「介護は、他産業と比較して給与に差がある」ことはある程度は認識した上で、再び介護職に就かれたのではないか……と、弊紙では推測します。

 本当に「収入が少ない」ことが離職理由のトップである方々は、「介護業界から離れる」選択をするのではないでしょうか。この「介護業界から離れた」方々の理由を調査して分析をしないと、単純に「必ずしも『給与』が……」とは断言できないと弊紙では考えます。

────────────────

 ◆日本介護新聞「ビジネ版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆公式ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 ◆ビジネス電子版=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo/blog

(C)2019 日本介護新聞