*「最適な介護」を実現するための情報紙*
_/_/_/_/_/日本介護新聞ビジネス版_/_/_/_/_/
*****平成31年4月26日(金)第10号*****

◆◇◆◆◆─────────────
インフォコム「今年度、介護職仲介業者をM&Aで…」
─────────────◆◇◇◆◆

 昨年度(2018年度)より開始した介護職向けの転職支援サービスをさらに発展させるため、今年度(2019年度)は介護職仲介業者をM&Aで取得し、事業を拡大させる方針を示した。

 電子コミックの「めちゃコミック」を展開しているインフォコム(東京都渋谷区、竹原教博社長=写真)が4月26日、東京・丸の内のステーションコンファレンス東京で開催された、同社の決算説明会で表明した。
竹原教博社長 (1)

 同社は、介護職員向けの転職支援サービスをネットで行う「ケアスタイル」を昨年10月から開始した。本紙はこの「ケアスタイル」の現在の運営状況と、今回表明したM&Aとの関連について、竹原社長に質問して回答を得た。質疑の内容は次の通り。

 ◇本紙=「ケアスタイル」の現在の運営状況を教えて欲しい。またM&Aは今後、この事業に本格的に参入しようとする意志の表れなのか?

 ◆社長=そもそもネットで「ケアスタイル」を始める時に、ネットだけで全てが片付くとは考えていなかった。現実に「ケアスタイル」を立ち上げてみて、登録者数はそれなりの数になった。

 ◆しかし、大手の介護事業者は人をリクルーティングするのに時間を割けるが、ほとんどの事業者はそのヒマがない。人手不足は十分に認識していながら、実際には手足が動かない、というより動けないのが実情だ。

 ◆そうすると人を介在させないと話しが進まないケースがあり、ネットだけではここに限界がある。それでM&Aでこの事業を手掛ける会社を取得して、事業に厚みを持たせていきたいと思っている。

◇─[後記]───────────

 「インフォコム」という社名にピンとこない方でも、イメージキャラクター「めちゃ犬」がテレビCM等で話題となっている「めちゃコミック」というブランド名は、どこかで一度は耳にしていると思います。

 同社は、この電子コミックなどのBtoCの「ネットビジネス」と、医療機関向けのパッケージサービスなどのBtoBの「ITサービス」という、大きく二つの分野でビジネスを展開しています。

 介護ビジネスは「ITサービス」に含まれ、「ケアスタイル」の他にも「介護丸ごとIT!」と表して、見守りサービスと介護記録システムの二つの事業をすでに手掛けています。

 弊紙が同社に注目しているのは、他分野ですでに成功をおさめ、また会社自体も昨年11月には上場市場がJASDAQから東証一部へ変更されるなど非常に「勢い」のある事業者が、近年参入した介護分野でさらに深く事業を展開しようとしていることです。

 このM&Aの話題の他に同社は今年度、AI(人工知能)で介護職の離職リスクを予測して、離職率改善を図るサービスを始めることも、この決算説明会の席で明らかにしました。

 これらの事業が、業界の「介護人材不足」にどのようなインパクトを与えていくのか、引き続き注視していきたいと思います。

 今後とも弊紙をご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

────────────────◇

 ◆日本介護新聞「ビジネス版」バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo-b.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo-b.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001687235.html
 ◆日本介護新聞・本紙(エンドユーザ─版)バックナンバー
・PC/スマートフォン版=http://nippon-kaigo.blog.jp/
・携帯版=http://nippon-kaigo.m.blog.jp/
◎購読申し込み(「まぐまぐ」サイト)=https://www.mag2.com/m/0001677525.html
 ◆公式ホームページ=http://n-kaigo.wixsite.com/kaigo
 
(C)2019 日本介護新聞